かえうた戦隊 タマゴレンジャーの表紙

かえうた戦隊 タマゴレンジャー

この本の内容紹介

朝の台所で「トンカツザウルス」が暴れています。そこへたまごが変身したたまごレンジャーがやって来ました。「オムレツレッド」「ゆでたまごブルー」「めだまやきグリーン」「たまごやきイエロー」「なまたまごピンク」です。

でも、どのレンジャーも失敗してしまい、トンカツザウルスをやつけられません。最後には溶き卵が登場して、トンカツを卵とじにしてカツどんにしてやつけたのでした。

作品情報

作者
出版社
対象年齢
タグ
本体価格 1000円(税別)
サイズ/ページ数 22×20cm/32ページ
発行日 2015年9月
ISBN
(商品コード)
9784564018640

皆さんのご感想

  • 娘が幼稚園で先生に読んでもらって、とっても気に入ったようで毎日のように「たまごレンジャー」と言っていたので、図書館で借りてきました。

    この絵本は童謡の「アルプスいちまんじゃく」のメロディーに合わせて歌って読む事が出来ます。娘と何度も何度も歌いながら読んで、楽しみました。幼稚園でも読んでいたので歌の途中での「ゴー」等の掛け声も上手です。

    娘はオムレツレンジャーがケチャップ片手にかっこよく登場しても、そのケチャップを自分にかけてしまったり、くるくる回って華麗に登場した卵焼きも、回りすぎて目を回す場面がお気に入りでした。

    とても、楽しい絵本で娘が気に入ったのがよく分かりました。

    人物のイラスト
  • 人物のイラスト

    たまごやきイエローと、なまたまごピンクは女の子という設定で娘はピンクと黄色がお気に入りのようです。表紙には卵パックの宇宙船に乗るたまごレンジャーが描かれていて、背表紙側の見返しには卵パックの「たまごマシン」の図解があります。

    娘はこの部分がとても気に入って、それぞれのレンジャーの席にどんなものがあるか、食い入るように見ていました。そして、隣にはそれぞれのレンジャーの持ち物も描かれています。

    たまごやきイエローは娘の好きそうなきらきらした、ステッキや、ティアラ、トウシューズを持っていました。すっかり気に入って、たまごやきイエローの登場するページをさかのぼって、持ち物チェックをしていて笑ってしまいました。

    本編よりも見返しの場面を熱心に見る姿が面白いです。このページはカラーにはなってないので「色が塗ってあったら良かったのに」と何度も言っていた娘でした。

この記事をシェアする