top画像

ラプンツェル 作:グリム童話 絵:いもと ようこ

この本の内容紹介

あるところに、仲の良い夫婦がおり、妻が妊娠した時に、隣の魔女の家の庭に出来ている野菜の「ラプンツェル」がどうしても食べたくて、それを食べないと死んでしまうと言いました。それを聞いた夫はこっそり隣の庭に行って、ラプンツェルを盗んできました。

何日もラプンツェルを盗んでいたので、とうとう魔女に見つかってしまいました。怒った魔女でしたが、妻がラプンツェルがとても美味しいと言っていることを聞くと、気を良くして、ラプンツェルはいくらでも食べてもいいが、代わりに生まれた赤ん坊をもらっていくと言われました。

そして、約束通り魔女は赤ん坊を連れて行き「ラプンツェル」と名付けました。そして大事に育て、ラプンツェルは長い髪の美しい少女になった時、魔女は森に高い塔を建ててそこに閉じ込めてしまいました。

ラプンツェルが塔の上で歌う歌声に惹かれて王子がやって来ました。塔の上から垂れた長い髪を使って塔に登っていく魔女の様子を見た王子は、真似をして塔の上のラプンツェルと毎日会うようになりました。

それを知った魔女は怒って、ラプンツェルを森に捨てて、王子も塔の上から突き落としました。その時に王子は失明してしまいましたが、森をさまよい何年もかけてラプンツェルを探し出しました。

ようやく会えた嬉しさで、ラプンツェルが涙を流すと涙が王子の目に入り、王子の目は見えるようになりました。そして、二人はお城へ帰り結婚したのでした。

つづきをよむ

作品情報

作者
出版社
対象年齢
タグ
本体価格 1400円(税別)
サイズ/ページ数 28.6×22.6㎝/32ページ
発行日 2017年1月
ISBN
(商品コード)
9784323036274

皆さんのご感想

  • 私も娘も大好きなディズニー映画の「塔の上のラプンツェル」の原作の絵本です。少し長いお話で、途中魔女が出てくると、「怖い!」と逃げ出したりしていましたが、続きが気になって怖いけど頑張って見ていました。
    人物のイラスト
  • 人物のイラスト

    「ラプンツェル」が野菜ということにまずは驚き、ディズニー映画ではラプンツェルが「消えたプリンセス」という設定だったので、娘は、プリンセスじゃないことをはじめは受け入れられないようでした。

    他にも映画の設定とだいぶ違う内容に、娘も戸惑っていましが、こちらが原作のお話だと伝えても、映画を先に見てしまっていたのでなかなか同じものとは思えないようでした。

    もう少し大きくなったら、原作というとらえ方も出来るようになってくると思うので、今は映画と絵本とそれぞれ楽しめればいいと思います。

この記事をシェアする